コロナ禍におけるプロスポーツ観戦

新型コロナウイルスが世界各国で猛威を振るっている中、例に漏れず、日本のプロスポーツ業界も大きな打撃を受けています。東京オリンピック・パラリンピックが一年延期になったことをはじめ、様々なスポーツイベントが軒並み中止あるいは延期に追い込まれています。関西大学の宮本教授は、2020年の上半期に日本のプロスポーツ業界が失う経済的損失は、約1,272億円にのぼることを明らかにしました(2020年5月13日付 日本経済新聞夕刊)。一方、プロ野球が3ヶ月遅れで開幕し、Jリーグも再開するなど、すでに動き出しているプロスポーツも見受けられます。しかし、当初は無観客試合を余儀なくされ、現在でも観客数は5000人に限定されているなど、この先もしばらくは厳しい状況が続く見込みです。
そこで今回は、「コロナ禍におけるプロスポーツ観戦」について記していこうと思います。

アフターコロナは外食が美味しくなるの?

はじめに 外食、と聞いて思い浮かぶものは人それぞれ違うでしょう。ご贔屓の近所の定食屋さん、コスパ最高の外食チェーンなど現代人は様々な飲食店に囲まれて生活しています。コロナ後に美味しい飲食店が増えるかもしれない、一見訳がわかりません。そんな可能性を考えてみました。